埼玉県入間市

埼玉県入間市を、ご存知ですか?

詳しく知らないんで、調べてみました。

入間市(いるまし)は、埼玉県南西部に位置する市で、人口は久喜市に次ぐ県内13位ですよ。狭山茶の主産地として知られていますよ。

入間市の南部には、狭山丘陵の豊かな自然が広がっていますよ。

入間市にある河川として、入間川、霞川、不老川がありますよ。

入間市にある丘陵として、加治丘陵、狭山丘陵がありますよ。

1956年(昭和31年)9月30日、豊岡町、金子村、宮寺村、藤沢村、西武町の一部(旧東金子村)が合併し、入間市の前身となる武蔵町が発足しましたよ。1966年(昭和41年)11月1日、武蔵町を入間町と改称した上で即日市制施行し、入間市となりましたよ。1983年(昭和58年)4月1日、狭山市との境界が変更され、現在の市域となりましたよ。

入間市は2003年12月16日、登録人口が15万人を突破したと報じられましたが、その後15万を割ったり超えたりを繰り返していますよ。2013年08月01日現在、61,578世帯、150,221人ですよ。

入間市にある郵便局として、入間郵便局、入間扇町屋郵便局、入間仏子郵便局、入間黒須郵便局、西武入間ぺぺ内郵便局、入間新久郵便局、入間上藤沢郵便局、入間下藤沢郵便局、西武郵便局、金子郵便局、宮寺郵便局がありますよ。

入間市にある住宅団地として、UR(都市再生機構)(入間黒須、入間駅前プラザ、入間豊岡)、市営住宅(池ノ下団地)、県営住宅(入間向陽台住宅、入間下藤沢住宅、入間上藤沢住宅、入間向原住宅、入間東久保住宅、入間霞川住宅、入間野田住宅、入間宮の森住宅)、分譲戸建て住宅(西武ぶしニュータウン、入間台団地)、分譲集合住宅(東町団地、入間扇町屋団地)がありますよ。

入間市の広域行政(一部事務組合)として、入間西部衛生組合(日高市とともにし尿処理を行っている)、埼玉県都市競艇組合(飯能市、加須市、本庄市、東松山市、狭山市、春日部市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、草加市、越谷市、朝霞市、さいたま市とともに戸田競艇の開催に関する事務を行っている)、瑞穂斎場組合(東京都の3市1町(福生市、羽村市、武蔵村山氏、西多摩郡瑞穂町)とともに火葬場施設等の設置、管理に関する事務を行っている)がありますよ。

入間市の広域行政(広域連合)として、彩の国さいたま人づくり広域連合(埼玉県と県内全市町村で構成し、職員の人材の開発、交流及び職員採用活動に関する事務を行っている)、埼玉県後期高齢者医療広域連合(埼玉県内の全市町村で構成し、保険料の徴収を除く後期高齢者医療制度の事務を行っている)がありますよ。

入間市にある国の施設として、人事院公務員研修所、防衛省 航空自衛隊 入間基地(基地のほとんどは狭山市域)がありますよ。

入間市にある県の施設として、彩の森入間公園、埼玉県茶業研究所、さいたま緑の森博物館、西部地域療育センターがありますよ。

入間市の施設として、東金子支所、金子支所、宮寺支所、藤沢支所、西武支所、黒須出張所( 黒須公民館に併設)、東藤沢出張所(東藤沢公民館に併設)、中央公民館(市民会館に併設)、扇町屋公民館、黒須公民館、高倉公民館、東町公民館、久保稲荷公民館、東金子公民館、金子公民館、宮寺公民館、二本木公民館、藤沢公民館、東藤沢公民館、藤の台公民館、西武公民館、教育研究所(産業文化センターB棟3階)、入間市児童センターアイクス、学校給食センター、入間市市民会館(中央公民館に併設)、産業文化センター(ホールのあるA棟のほか、入間市立図書館のあるB棟を含む、図書館(産業文化センターB棟1階)(西武分館、金子分館、藤沢分館)、体育館、武道館、西武市民運動場、黒須市民運動場、文化創造アトリエアミーゴ、入間市博物館ALIT、青少年活動センター、イルミン 市民活動センター・男女共同参画推進センター、勤労福祉センター、健康福祉センター、老人福祉センターやまゆり荘、総合クリーンセンター、リサイクルプラザ、防災センター、勤労者福祉サービスセンター(産業文化センターA棟3階)、農業研修センター、農村環境改善センターがありますよ。

入間市にある消防として、埼玉西部消防組合入間消防署(消防広域化前は入間市消防本部)(藤沢分署、西武分署)、入間市消防団がありますよ。

入間市にある警察として、狭山警察署(豊岡交番、武蔵藤沢駅前交番、入間市駅前交番、西武交番、東金子交番、宮寺・二本木交番、金子駐在所)がありますよ。

入間市の工業については、市制施行以来、工場誘致を積極的に行い、県内有数の工業都市となっていますよ。1966年(昭和41年)には武蔵工業団地を造成し、更に1993年(平成5年)には同工業団地に隣接する狭山台地区に狭山台工業団地造成事業を開始、1997年(平成9年)から同地にも工場誘致を行っていますよ。

入間市の工業として、武蔵工業団地(フジパン武蔵工場、ポプラ社入間物流センター)、狭山台工業団地(NTTクオリス東日本工場)、安川電機入間事業所(ソリューションセンタ)(後に工場の敷地の一部を売却し、跡地にイオン入間ショッピングセンターが完成した)、山田うどん入間セントラルキッチン(山田食品産業株式会社入間工場)、TEAC入間事業所・EMCセンター、NTTクオリス首都圏工場、ソーシン本社及び入間工場、三共ラヂエーター本社及び工場、帝都ゴム本社・埼玉工場、小金井精機製作所本社・工場、三井研削砥石本社・工場、タチエス武蔵工場、大陽ステンレススプリング埼玉第一、第二、第三工場、08センター、大崎エンジニアリング本社・テクニカルセンター、イチヤナギ本社・工場、ミクロ技研東京工場、入曽精密本社工場、フナソー工場、武蔵塗料製造 入間工場、杉山チエン製作所本社・工場、松田産業武蔵工場、わらべや日洋入間工場、ファーストフーズ武蔵工場、堀内食品工業本社工場、インデラ(ナイル商会)工場がありますよ。

入間市の農業については、狭山茶が特産物であり、現在も狭山茶の主産地ですよ。名産品としては狭山茶のほか、線維・織物、里芋、うど、椎茸がありますよ。かつては乳牛や鶏を中心に畜産業も盛んでしたが、ベッドタウン化と工業都市化の進行により衰退の一途を辿っていますよ。

入間市の商業(ショッピング)については、圏央道の完成が他の区間に比べて早かったことから、入間インターチェンジや、国道16号、国道463号バイパスなどが交差する地の利を活かして、沿道には、三井アウトレットパーク入間、コストコ入間店などが立地していますよ。

入間市の商業(ショッピング)施設として、丸広百貨店入間店、イオン入間店、西武入間ペペ、アポポ商店街、SAIOS、ipot、グリーンガーデン武蔵藤沢、三井アウトレットパーク入間、コストコホールセール入間倉庫店がありますよ。

入間市にある金融機関として、三菱UFJ銀行入間支店、埼玉りそな銀行(入間支店、武蔵藤沢支店)、武蔵野銀行入間支店、埼玉縣信用金庫武蔵藤沢支店、飯能信用金庫(入間支店、黒須支店、仏子支店、入間西支店、武蔵藤沢支店)、西武信用金庫入間支店、青梅信用金庫(入間支店、金子支店)、JAいるま野農業協同組合(東金子支店、宮寺支店、藤沢支店、黒須支店、豊岡支店、金子支店、西武支店)がありますよ。

入間市にあるその他の企業として、入間ケーブルテレビ株式会社(本社)、FM茶笛(チャッピー)、ワイ・イー・データ、安川シーメンスエヌシー、ユー・エス・エスUSS埼玉会場がありますよ。

入間市にある道路については、周辺の自治体に比べて都市計画道路の整備が進んでいますよ。国道16号の拡幅工事が入間市駅北口区画整理事業との兼ね合いで遅れていたが、2017年3月に工事が完了し、2車線だった区間が4車線化しましたよ。

入間市にある高速道路として、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)がありますよ。

入間市にある一般国道として、国道16号、国道299号(飯能狭山バイパス)、国道463号(所沢入間バイパス)、国道407号がありますよ。

入間市にある鉄道として、JR東日本(八高線)、西武鉄道(西武池袋線)がありますよ。

入間市にあるバスとして、西武バス、立川バスがありますよ。

入間市にあるコミュニティバスとして、入間市内循環バスてぃーろーど(西武バス狭山営業所に委託)がありますよ。入間市から健康福祉センターへの直行バスは途中停留所でも乗降でき、コミュニティバスに近いものといえますよ。

入間市にある観光ほかとして、入間市文化創造アトリエ・アミーゴ、入間万燈まつり、入間茶まつり、彩の森入間公園、入間市博物館(茶をメインテーマとする)、さいたま緑の森博物館、桜山展望台、入間市市民会館、おとうろう祭り、金子神社祭礼【金子神社例大祭】、高倉寺(こうそうじ)観音堂、ジョンソン・タウン、旧石川組製糸西洋館がありますよ。

入間市出身の有名人として、デビット伊東(タレント)、小宮悦子(フリーキャスター、元テレビ朝日アナウンサー・東京都生まれ)、加藤シルビア(TBSアナウンサー)、辛坊治郎(フリーキャスター、元読売テレビアナウンサー・解説委員・大阪府生まれ)、門倉健(プロ野球選手)、浜谷健司(お笑い芸人)(ハマカーン)、ゆっちゃん(お笑い芸人)(ちんぺい、元フラッパー)、他、がおられますよ。